占いスクール 飛星紫微斗数プロ養成講座(基礎編)

電話受付 平日10:00ー17:00

TOP > 講座一覧 > 飛星紫微斗数プロ養成講座(基礎編)

授業風景

Chazz先生

西洋占術と東洋占星術を駆使し、総合的な鑑定を行うことができる実力派占い師。
早い段階から占いに親しむようになり、タロットや数秘術、気学、西洋占星術を10代のころからすでに学び習得する。
また、九鬼断易をベースにしている台湾断易を研究し、その後、四柱推命・紫微斗数を東洋占術の大家東海林秀樹師に師事。
それだけでなく、インド占星術や奇門遁甲、方位術なども多くの先駆者より習得し、さらに占術の造詣を深め、現在でも多くの占術を研究し、実践へ活用している。
最近では「占いバイキング」など多くのイベントのプロデュースや、トップクラスの占い師として活躍できる占い師の育成にも力をいれている。
そした活動は占い師をはじめ、アーティストや企業経営者からの支持を集めている。

講座概要

講座内容 占いの本場といわれる台湾では四柱推命と人気を二分する紫微斗数。
しかし、近年その四柱推命を上回るほど、ニーズが高まっています。
その理由は、詳細に人の本質や性質が分かるだけでなく、金運や恋愛運なども緻密に占えることにあります。

しかし、紫微斗数はその精密な占術であるだけに、敷居が高いのもまた事実。
また、様々な流派の解釈が乱立しているのも、学習をする上で混乱の原因にもなっています。

そこで、この講座では飛星派の基礎を徹底的に分かりやすくレクチャーしつつ、他の流派も織り交ぜながら分かりやすくレクチャーします

※参考書式として東海林秀樹先生『完全マスター 紫微斗数占い』(6000円+税)照葉桜子先生『紫微斗数占い』(1000円+税)を各自ご用意下さい。

・予備知識が全くない状態から紫微斗数の実践と応用まで理解できる
・飛星派をベースにした紫微斗数の実践を習得できる
・流年や大限(10年サイクル運気)の吉凶や注意点なども理解できる
・風水や方位術など多様な応用もできるようになる
授業時間・回数 180分×6回
開講最低人数 3人~
料金 ¥129,600円(税込)

・紫微斗数の基礎知識を習得できる
・自分や友達の命式を作成して簡単な性格診断占いができるようになる

時間は前後する可能性があります。

講座申し込み

1

紫微斗数とは?

紫微斗数とは日本では認知度が弱いですが、台湾では四柱推命と双璧を成す占いで日本ならば西洋占星術と同じくらい広がりを見せている占術です。
基礎編では最初に紫微斗数の歴史や現在の台湾・香港での流派分布、そして飛星紫微斗数という流派について解説していきます。
その中で紫微斗数という占いでどんなことが占えるのかを紹介していきます。
また、命占の双璧である四柱推命と紫微斗数のメリット・デメリットなど突っ込んだ内容をご紹介します。

目標 紫微斗数という占術のリアルが認識できる
紫微斗数が中国の占星術であることが理解できる
2

陰陽五行論の基礎

紫微斗数は中国で発展した占星術の一種ですが、東洋占術の基礎である陰陽五行や旧暦に基づいた考えが基本にあります。まず紫微斗数を学ぶため最低限の東洋占術の基礎を学んでいきます。

目標 陰陽五行論の基礎が理解できる
東洋占術における旧暦の重要性を学べる
3

命盤の作成法

紫微斗数のホロスコープは「命盤」と呼ばれます。今までは紫微斗数の命盤を作成するために紙上の命盤に書き込むのが当たり前でしたが、現在はPCやスマホで簡単に命盤を出せるため、本講座は本格的な作成法は後回しにしてアプリやソフトに関して解説いたします。
読み方を先に覚えた後で改めて命盤作成を行った方が紫微斗数をより理解できるからです。

目標 手軽に命盤を作成できるアプリやソフトを知る事ができる
直ぐに紫微斗数を始めることができる
4

紫微斗数の特徴

紫微斗数のホロスコープである「命盤」はまず十二の「宮」を知る必要があります。
西洋占星術でいうところのハウス(室)に該当する宮を知りることで、実は西洋占星術以上に財運や配偶者運などが手に取るように把握できる面白さが判る事でしょう。

目標 紫微斗数の命盤の詳細が理解できる
十二宮の役割が理解できる
5

甲級主星の説明

紫微斗数は占星術の一種ですが西洋占星術での太陽や木星のような重要な星が十四星あります。
これを「甲級十四主星」と呼びます。これら十四星がどの宮に入るかで運勢の基礎が簡単に把握できます。
まず十四の主星の様々な名称と象意を学びましょう。

目標 紫微星・天機星等十四主星の名称と性質、象意が理解できるようになる
紫微斗数を用いた運勢判断の基礎を学ぶことができる
6

甲級副星の説明

甲級副星とは十四ある甲級主星のサポート星ですが、吉星と凶星があり紫微斗数の命盤吉凶に大きく作用します。
甲級主星が大局を作り出す星ならば甲級副星は運勢の吉凶に大きな影響をもたらします。ここでは吉星七星と凶星四星の名称と性質、象意を学びましょう。

目標 左輔星・右弼星等甲級副星の名称と性質、象意が理解できるようになる
吉凶の判断材料を得ることができる
7

乙級星の説明

乙級星とは甲級主星や副星ほどではありませんが、様々な要因を作り出す星たちです。
さながら人としての個性を作り出す星です。恋愛の傾向や行動面の癖などがこれらの星で判断できます。
本来乙級星は二十以上の星がありますが飛星派紫微斗数では使用する六星程の乙級星を学んでいきます。

目標 天空星・地劫星・天馬星など様々なバリエーションの乙級星の名称・性質、象意が理解できるようになる
乙級星の様々な影響を理解することができるようになる
8

四化星の説明

紫微斗数の中で最も特徴的な星といえばこの「四化星」です。
特に飛星派紫微斗数ではこの四化星を飛星させることで時として恐ろしいレベルでの的中率を引き出すのです。
今後の飛星編で重要となる四化星について学びましょう。

目標 化禄・化権・化科・化忌という四つの化星の性質や使い方が理解できるようになる
紫微斗数の的中率を高めることができる